人口145万人の政令指定都市

神奈川県の川崎市は、県北東端に位置し、多摩川を挟んで東京都大田区や世田谷区、狛江市、調布市のほか、稲城市、町田市、多摩市とも接する人口145万人の政令指定都市です。 全国の県庁所在地でない政令指定都市では最大の都市で、人口密度も1万人を超える東京23区にも引けをとらないベッドタウンでもあります。
また、京浜工業地帯に代表される工業の町としても有名です。 特に、鉄鋼・電力など東京湾沿岸部の重工業は、わが国の経済を支えてきた一翼となっていたことは誰も否めません。 内陸部でも戦後より大手家電メーカや、大手通信メーカ各社の企業城下町として栄えてきました。 昨今では、かわさきマイコンシティや、かながわサイエンスパークに代表されるハイテク分野の促進も官民あげて盛んに行われています。

ですから、昼間人口も128万人もあるのです。 スポーツの世界でも、昨今ではサッカーJリーグのチームが拠点を置いているほか、かつては現在横浜に拠点を置くセリーグのプロ野球チームや、千葉に拠点を置くパリーグのプロ野球チームも、この川崎を本拠地としていました。 さらに川崎市内に拠点を置く企業の所属チームとして、社会人野球、バレーボール、バスケットボール、アメフトなど、幅広い競技種目でトップクラスの実力を備えたチームが在籍したこともあります。 中には川崎といえば競馬、競輪などの公営ギャンブルを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、全市をあげてスポーツが盛んといえるでしょう。

ただ、これらの発展は明治維新後から現代の話であって、それまでの川崎は江戸時代の東海道2番目の宿場町、川崎宿として栄えていました。 川崎市の内陸部でも、家康の代より将軍家の宿泊施設だった小杉御殿などもあり、その地名は今も残されています。 さらに鎌倉時代には、鎌倉街道の3つの往還道(下道、武蔵大路、中路)の通る地として、交通の要衝だったことから、その面影を残す地も残されています。 室町時代から戦国時代にかけては、日本の覇権、関東の派遣をかける大きな戦があったところでもあるのです。

そして、川崎と名が付けば、多くの方が思い浮かべるのが川崎大師でしょう。 まもなく創建900年にもなろうかという平安時代の大治3年の開基の川崎大師は、毎年初詣の時期ともなると300万人もの参拝者が訪れ、その数は全国でも5本の指に入るほどです。 そんな歴史を抱える川崎市には、中世から近代、戦後の昭和、現代の平成に渡り、名所・史跡が数多く残されています。 しかも、歴史的な政や武、仏教や神道などの宗教に纏わるものだけでなく、文化や芸術、スポーツといった幅広い分野に渡っているのが、川崎市の特徴です。

あとは、遊びの街としてのイメージも強いかと思います。 そのイメージ通りに砂子や東田町を中心にキャバクラが広がっており、堀之内町を中心に風俗が栄えています。 そんな男性にとっては最高の遊び場所である川崎には、東京や横浜方面からも多くの人が集まります。 そして、男性だけではなく女性にも人気があります。 人気の理由として川崎でのナイトワークは他の街よりも稼げるからです。
川崎の風俗求人を見てもらえれば納得できると思いますが、単純に時給が高いだけではなく、稼ぎやすい環境が整っているのです。 さらに、遠方から出勤する子が多いので送りも広範囲で用意してあるところがほとんどです。 女性が風俗などで働きたいと思う時は必ず何かしらの目標があると思いますが、長期に渡ってガッツリ稼ぎたい子にも短期でサクッとそれなりの額を稼ぎたい子にもピッタリです。